読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリの花と クローバー

だれかに 私の言葉が届いたなら うれしい

魔法のくつ

私の体験談 脳性まひ

 

年中になると療育センターに通い始め、

装具を履くようになりました。

 

金属の支柱がついていて、見た目はゴツイのですが、

この靴を履くと何かに掴まらなくても

1人で立つことが出来たのです。

 

あんなにミニーちゃんの靴にこだわっていたのに、

私はあっさりと装具を履くことを受け入れました。

私にとっては見た目よりも、

自分の足で少しでも安定して歩けることの方が

大事だったのです。

 

装具を履いて保育園へ行くと、

すぐにみんなが寄ってきて・・・

 

「そのくつ、どうしたの?」

とか、

「どうして、そんなのはいてるの?」

と質問責めに。

 

そのたびに私は、

「この靴を履くと、上手に歩けて自分で止まれるんだよ」

「この靴は、〝魔法のくつ〟なんだよ♪」

と、得意になって答えていました。

 

*私の履いていた装具*

当時私が履いていた装具を改めて調べてみると、

「金属支柱付き短下肢装具」

という名称らしいとわかりました。

当時は「魔法のくつ」とか、単に「そーぐ」

と呼んでいました。

検索すると、たくさん画像が出てくるので、

ぜひ見てみてください。

中の足が露出しているものもあるようですが、

私のは完全に靴になっているものです。

 

どうです?ゴツイでしょう?

 

広告を非表示にする

保育園へは、ミニーちゃんといっしょ

私の体験談 脳性まひ

 

 

両親が共働きだったため、私は早くから保育園に預けられていました。

療育センターの中にある保育所ではなく、一般の保育園です。

 

私のいちばん古い記憶

 

私の最も古い記憶は、保育園の年少の時のもの。

ミニーちゃんの顔のついたスリッポンを履いて登園していました。

しかし足首が硬く、自分で自由に動かす事ができないため、そのまま履くと、歩いているうちに脱げてしまい大変危険。

 

なので、靴を履いたら、その上からゴム(ズボンのウエスト部分に使うもの)をくぐらせて靴が脱げないように固定していました。

母のアイデアです。

 

そんな事をしなくても、マジックテープの付いた靴を履けば良かったかも知れませんが、私はこのミニーちゃんの靴を気に入っていて、絶対に履いて行くと言って聞かなかったのです。

 

なぜなら、私の周りの友達は、みんな可愛いスリッポンを履いていたから。

セーラームーンの絵が描かれているものを履いている子が多かったですね。

マジックテープの靴を履いている子は一人もいませんでした。

 

みんなかわいい靴を履いてるのに、私だけ男の子みたいなマジックテープの靴を履くなんて絶対にイヤ!!

 

この頃の私は、とにかく「みんなと同じ」ということに、とてもこだわっていたんです。

 

マジックテープの靴=男の子

というのは、当時の私の勝手なイメージ。

 

靴屋さんで見掛けたマジックテープの靴が、どれも男の子向けの戦隊ものの絵が描かれたものだったからだと思います。

 

 

…と、そんな風にゴタゴタしつつも念願のスリッポンを履く事が出来た私。

ゴムのせいで、ミニーちゃんの顔が隠れてしまう事に多少の不満を覚えながらも、私は「みんなと同じ」になれた事に大喜び。

 

歩いているうちにゴムが外れて転んでしまうかも知れないと心配する両親をよそに、私はのびのびと保育園生活を送っていくのでした。

 

27年前に私は生まれた 脳性まひの身体を持って

私の体験談 脳性まひ

 

 

私は27年前、この世に生を受けました。

予定日より2カ月早く生まれ、未熟児でした。

 

私に障害があると分かったのは3歳くらいの時のこと。

手押車で遊んでいる私のかかとが浮いている事に気が付いた両親が、病院に連れて行き判明したと聞いています。

 

診断は、「脳性まひ」

 

母親のおなかの中にいる時から、生後4週間までの間に、何らかの原因で脳が損傷を受け手足が不自由になる障害です。

また、人によっては知的障害や言語障害など、運動機能とは別の部分の障害を併せ持っている方もいらっしゃいます。

 

 

日常生活には、ほとんど困らない

生まれて間もなく脳性まひの診断を受け、今日まで障害者として生きてきた私ですが、日常生活の中で困ることは、ほとんどありません。

自分の身の周りのことは自分で出来るし、都心であれば一人でどこへでも行けます。

 

自分の足で歩く事ができ、杖も車椅子も使いません。

 

こうやって書くと、ものすごく軽度なんだろうと思いますよね。

でも、実際は中度。

重くもないけど軽くもないんです。

 

 

止まりたいけど止まれない

 

私の身体でいちばん困ること。

それは、自力で立ち止まれないということです。

脚の力が弱くて、踏ん張ることができないんですよ。

止まるには、どこかに掴まるか、転ぶしか方法がありません。

それに、健常者のようにキレイに歩ける訳ではなく、肩を左右に大きく揺らす、独特な歩き方をします。

脚を持ち上げるのに筋肉ではなく、肩を揺らす事で生じる反動を利用しているのでそんな歩き方になるのです。

 

まるで、ブレーキの利かない車のような私の身体。

 

このような状態で、よく20年以上も大きな怪我なく生きてこられたなと改めて思います。

 

はじめに

はじめに

 

ユリの花と クローバーへようこそ

このブログは、主に「脳性まひ」と「レズビアン」という、今風に言えばダブルマイノリティーな私が、自分のこれまでの体験を綴っていくブログです。

 

脳性まひは生まれつきの障害ですが、同性が好きだと気が付いたのは1年前のことです。

それまでは、ごく普通の異性愛者でした。

 

このブログの特徴を簡単に説明します。

 

1つのブログで2つのテーマ

このブログでは、脳性まひとレズビアンという異なる2つのテーマを扱っていきます。

私の書きやすいエピソードから書いていくので、更新状況によっては、ブログの前後でテーマが異なり内容が繋がらなくなる事があります。

その際は、カテゴリ一覧をご覧ください。

 

記事の内容について

このブログに書かれている体験談や解釈は、全て私個人のものであり、全ての障害者、同性愛者の方々に必ずしも当てはまるものではないという事を明言します。

 

ブログタイトルの由来

「ユリの花と クローバー」は今の私を一言で表した言葉です。

ユリはレズビアンを表す隠語。

クローバーは「身体障害者標識」のクローバーマークから取りました。

 

 

自分の体験を語る事で、誰かの役に立てばいいなと思っています。

一生懸命書いていきますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする