読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリの花と クローバー

だれかに 私の言葉が届いたなら うれしい

装具の中で足が燃える

装具を履くようになってから 私の中で、 〝2~3歩あるいては立ち止まる〟 というのがマイブームになっていました。 自力で立ち止まれるというのが うれしくて、うれしくて、 外遊びの時間になるたびに、大好きな保育士さんの前で、 しっかりと自分の足で立…

魔法のくつ

年中になると療育センターに通い始め、 装具を履くようになりました。 金属の支柱がついていて、見た目はゴツイのですが、 この靴を履くと何かに掴まらなくても 1人で立つことが出来たのです。 あんなにミニーちゃんの靴にこだわっていたのに、 私はあっさ…

保育園へは、ミニーちゃんといっしょ

両親が共働きだったため、私は早くから保育園に預けられていました。 療育センターの中にある保育所ではなく、一般の保育園です。 私のいちばん古い記憶 私の最も古い記憶は、保育園の年少の時のもの。 ミニーちゃんの顔のついたスリッポンを履いて登園して…

27年前に私は生まれた 脳性まひの身体を持って

私は27年前、この世に生を受けました。 予定日より2カ月早く生まれ、未熟児でした。 私に障害があると分かったのは3歳くらいの時のこと。 手押車で遊んでいる私のかかとが浮いている事に気が付いた両親が、病院に連れて行き判明したと聞いています。 診断は…