読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリの花と クローバー

だれかに 私の言葉が届いたなら うれしい

レズビアンであることを自覚したら、自分の気持ちを聞いてもらいたいと強く思った。

私の体験談 レズビアン

 とにかく誰かに話したかった。 

自分が女性として女性が好きなのだと気付いたとき、私の心に湧き上がってきたのは罪悪感や嫌悪感ではなく、喜びだったと以前の記事に書きました。

 


 

しかし同時に、今まで男性と恋愛することに何の疑問も持たなかった自分が、同性である女性に惹かれ始めるという事態に、かなり混乱していたのでしょうね。

私のこれまでの経緯や、今の自分の気持ちを誰かに話したくてたまらなくなりました。

 

私はあまり…というか他人には全く自分の悩み事を話しませんし、相談もしません。

悩みがあると、自分の中で自問自答して解決するタイプです。

社会人になってからは、自己啓発書や生き方の本ばかり読んでいます。

 

私のバイブルです。

これを読み終わったとき、アドラーにひれ伏したくなりました。

 

嫌われる勇気

嫌われる勇気

 

 

 

話が逸れましたが…

生きていれば誰でも一度は悩むであろう事や、足の障害のおかげで日常生活での困難に直面したとき―――具体的に言うと、一人でバスや電車に乗る方法、人で溢れかえっている繁華街にある職場へ安全に通勤する方法など、色々ありましたが、全て自分の中の知恵と工夫で上手くやってきた。やって来られました。

 

人に相談する事なんて、何ひとつない。

 

そう思っていた私でしたが、セクシャリティーの変化については自分一人ではどうしようもありませんでした。

 

同性愛について、深く悩んできた人なら、自分が同性に惹かれていると認められた時点でいろいろ吹っ切れると思います。

 

けれど、私にとってセクシャリティーの問題は、昔から抱えてきた問題というものではなく、まさに「降って沸いてきたもの」

同性が好きなのだと自覚したは良いけれど、これから自分はどのように行動すればいいのか、行動するべきなのか、自分の中に全く考えが思い浮かばなかったのです。

 

とにかく誰か、私の話を聞いてくれる人を見つけて、今の自分の気持ちを整理し、今後の事について何かアドバイスをもらいたい。

 

それだけは、必ずやらなればいけないと確信していました。

 

彼女を作るとか、そういうのは後回しだ。