ユリの花と クローバー

わたしの言葉が誰かに届いたなら うれしい

異性愛者をやめた私の悩み

 

f:id:yuri-hana:20180921102712j:plain

 

みなさん、こんにちは。

 

ユリの花と クローバー管理人です。

 

前回の記事で、それまで異性愛者だった私がレズビアン(と言っても良いのかな?)になるまでのエピソードを書きました。

 

yuri-hana.hatenablog.com

 

f:id:yuri-hana:20170711195816p:plain「スターをつけて下さった方々、ありがとうございます」

 

f:id:yuri-hana:20170711195813p:plain「これを励みに、少しでもみなさんのお役に立てる記事を書けるよう頑張ります」



私は本当にレズビアン?

 

f:id:yuri-hana:20170727064351p:plain「ねぇ、管理人さん。このあいだの記事読んだけど、あれってつまり・・・」

 

 

異性愛者として生まれました⇒LGBTについて勉強してみよう!⇒女の子とカップルになってもいいかも・・・⇒あれ?男の人に興味がなくなっちゃった!

 

 

f:id:yuri-hana:20170727064351p:plain「・・・ってことだよね?」

 

f:id:yuri-hana:20170711195816p:plain「ええ、そうよ」

 

f:id:yuri-hana:20170727064345p:plain「でも、こんなこと言ったら申し訳ないけど、それってただ思い込んでるだけなんじゃないの?『私はレズビアンなんだ!』って」

 

f:id:yuri-hana:20180921120841j:plain

 

最初は私もそう思いました。

 

私はただ、自分はレズビアンなんだと思い込みたいだけなのかも知れない、と。 

 

読んだ本に影響されちゃって、ちょっとその気になってるだけ。

 

時間が経てば、この気持ちも治まるはず。

 

でも、時間が経てば経つほど、同性の恋人がほしいという気持ちは強くなる一方で、男性の方へ気持ちが戻ることはなかったのです。

 

私には、「歴史」がない 私は女性に恋をしたことがない

 

そんな気持ちを抱えながらも、

 

私って女の子が好きなんだ!よしっ、さっそく彼女を作ろうっと♪

 

とはなりませんでした。

 

なぜなら私には歴史(同性愛者としての苦しみや葛藤)がなく、さらに今まで一度も実際の女性に恋愛感情を抱いたことがありません。

 

実際に女性を好きになったことがないのに、どうして急に女性と付き合いたいなんて思うのか説明できない。

 

自分の「歴史」をきちんと話せなかったら、相手から受け入れてもらえない。

 

そう思ったからです。今もね。

 

そうしないと、立っていられないから

 

f:id:yuri-hana:20180921153343j:plain

 

そこで私は、自分が「私、女の子が好きだって言ってもいいんだ♪」と思えるような証拠探しを始めました。どういうことかと言うと、

 

「私、自分のこと異性愛者だと思ってたけど違ったみたい。昔のこと思い返してみたら、ずいぶん前からその兆候があったのよ」

 

そう人に説明できて、なおかつ自分も「ほら、私ってやっぱり昔からレズビアンだったんじゃない♪」と納得できる思い出をひとつでも見つけたかったのです。

 

最後に

 

ここまで読んで下さってありがとうございます。

 

当初、この記事で自分の過去を振り返るところまで書こうと思ったのですが、いざ書き始めると、なかなか骨が折れそうな予感が。

 

なので、今回はここでおしまいです。

 

ボリュームのある記事を楽しみにしていた方がいたら、ごめんなさいね。

 

もしかしたら、次の更新までに時間が掛かるかも知れません。

 

その時はまた読んで頂けたら嬉しいです。

 

ではまた、次の記事で。